NANA★LAND

ぐだぐだ日記としか、、、

7月16日(月)人生の真空地帯

 

f:id:hagananae:20180716133855g:plain

(階層=レイヤー マズローの……以下略 上位概念に行けば行くほど、欲求のレベルが高くなるっていうまあ、ごくごく基本的な図ですな)

 

 世界にはレイヤーがある。

 なんてことを数年前から感じるようになる。

 レイヤー、つまり階層。

 それは、簡単に言えば人間界におけるエネルギー消費レベルとでもいうのか。簡単に言えば、所得の階層と言えばいいのかもしれない。

 

 

f:id:hagananae:20180716134037p:plain

(独身女性が妄想する社会ヒエラルキーらしい。。)

(おお~、なんかよくわからんけど。。笑)

 

 

 所得が高ければ、高いほど、消費活動も大規模なものになっていく。普通は。

 そういう所得の高い低いによって分けられた階層が、この世界にはある。 

 有名人と一般人の世界の違いにも言い換えることができる。

 昔はこの世界観の壁がもっとずっと不明瞭で、人々は基本的に自分の別の階層があることは知っていても、それは境界線の部分を観ることでしかなかった。

 でも、最近はその境界線のテリトリー、本来は階層外の住人が知りえないようなものまで、ネットで拡散されるようになった。

 そこにありつつ、手が届かない世界。

 そういうものを見るだけでなく、気軽にコメントを残すこともできる。

 けれど、できるのはそこまでだ。

 

 

f:id:hagananae:20180716134212j:plain

(やばい、すごいつまんない図を持ってきた(笑))

 

 

 

 

f:id:hagananae:20180716134519p:plain

(ん?)

 

f:id:hagananae:20180716134543j:plain

(はい、まとも)

 

 

 すぐそこにある世界は、実際はその世界を構築できる能力者だけが味わえるもので、その階層外の住人は、バーチャルでしか触れることはできない。

 しかし、本気でその階層を超えたいと思っているのなら、それは無理ではない。

 たぶん。

 

 今、その階層の超え方を探している。

 ここ数年、ずっと動けない状態が続いている。

なんというか、自分が今いる階層が自分にあってないのだ。

その上のステージにアクセスしたいと思っているのだが、どうしたらいいのかわからないでいる。

わからないので、ずっと悩み続けている。

 感じているのは違和感と焦燥感。

 こういう状態でいるのは、あんまりよくないと思う。

 ただ、抜け出せるアイデアが思い浮かばない。

 今、私がいる現実世界では、ほんとうに一人か二人しか、話の合う人間がいない。だから、次のステージに行くしかないのだけれど、どうやってアクセスしていけばいいのか、皆目見当がつかない。

 異業種交流会にでも行けばいいのだろうか。

 それとも、各種イベントに参加すればいいのか、ジムに通えばいいのか。英会話でもなればいいのか。

 自分が会いたい人は、いったいどこにいるのだろう。

 起業を考えるくらい、ビジネスと社会のニーズのことを考えている人間となれば、やっぱり異業種交流なのかな、と思うのだが、なんだかそれもぴんとこない。

 こんなことを考え出したのは、やっぱり婚活で出会う人間は、私にとって魅力的ではなく、どんなにがんばって考えたところで、無理だなと思うからだ。

 相対的にエネルギー値が低くて、なんというかいろんなことに興味がない男性が多い。

 私だって自分の好きなことを選択し続けてこの年になってきたわけで、同じような異性を鏡のように突きつけられているのはわかっている。

 わかっているけれど、やっぱりそれは状況がそうなだけで、価値観的には全く違う気がするのだ。

 もっと前向きで、好奇心があり、自分の可能性を追求し、社会に貢献することを考えている人と出会いたい。

 それは、女性も男性も関係なくて、まして結婚なんてあとのあとのあとでいい。

 結婚よりも、そうした人間と友人になるだけで、十分だと思う。

 思うけれど、いったいそういう人がどこにいるのかわからない。

 たぶん、アクセスの仕方と、アクセスをしてからどう動けばいいのか、イメージがわかないからだろうと思う。

 

 

f:id:hagananae:20180716134705j:plain

(エコとエゴ。。おお~、すばらしい。。笑)

 

 少しずつ、今のサラリーマン生活に別れを告げる中で、とにかくがむしゃらに好きで、熱中できることを発信しつづけるしかないのかな、と思う。

 なんだか、私の人生にはいつもこういう、誰ともアクセスできない真空の時期がある。

 その真空はきっと次のレイヤーへの準備期間だと思うけれど、不安でしかないのだった笑