NANA★LAND

ぐだぐだ日記としか、、、

4月21日(土)他力本願っていい(ヨガと指圧)

f:id:hagananae:20180421183604j:plain

(他力本願……みんな知ってた?実は仏教用語なんだぜ。

 いやいや、まんまでしょう。阿弥陀仏にすがって幸せになろうってことで、

 織田信長の時代にはすっごい信者を獲得して、信長を怒らせた一向宗の発想なんだ!

  

f:id:hagananae:20180421190419p:plain

(この信長は、ちょっと違うハンターの人だと思うんだが…)

 

 

 

 

 自分ではどうしようもない部分があるのは、いい。

 そういうとき、他人に頼り、

 自分ではとうていどうにもできなかった痛みや不安が取り除かれ、

 取り除かれるだけでなく快楽も上乗せしてもらえるのだったら、最高だと思う。

 

 最近、体の不調がずいぶん減った。

 

 交通事故でむち打ちを二度やってしまってから、

 本当に座りっぱなしの仕事がつらく、

 体調を崩しやすく、会社を休むことが多かった。

 三月の人事評価でさんざん絞られてしまい、一念発起してホットヨガを始めたら、とたんに体調がよくなった。

 

 血液の循環、なんとやらだ。

 

f:id:hagananae:20180421183933j:plain

ホットヨガ恐るべし!! すごい効果です笑)

 

 

 そういうわけで、週に一度通っていた指圧も行かなくて済むようになったかというと、そうでもない。

 私の中のしつこいコリは依然として体内の深部に居座ったままだったのだ。

 それでも、ヨガ効果で週イチだった指圧が二週に一度になった。

 

 

 そんな私が足しげく通う指圧の先生という人は、私のちょうど十歳上の男性で、もう三年近く通っているからお互い気心が知れている。

 いつも申し訳ないくらいに基本料金で二倍の時間をサービスしてくれるので、私は後ろめたい。

 

f:id:hagananae:20180421184147j:plain

(先生のビジュアル。。。いや、みんな引かないで、こういう感じだから)

(私、わりとこういう感じ好きだから笑)

ライトセイバーは持ってないよ)

 

 

 サービスのこともあるけれど、先生のところに通い続けている理由は他にある。

 ただ単純に先生と話をしているのが楽しいからだ。

 最近の政治ニュース、職場の愚痴、読書感想、アニメ感想、両親の話、先生のいた病院の話、法律の話。

 話題は尽きないし、先生が抱えている視力の障害の話さえ、興味深い。

 

 

f:id:hagananae:20180421184319j:plain

(ほんと、癒される。。毎回 ビバ他力本願!!!)

 

 

 

 先生と話をしていると、指圧で体が軽くなる以上に心が軽くなる。

 しかし、ここ1ヶ月ホットヨガに通うようになり、指圧に行かなくて済むようになった。

 とはいえ、半分の回数になったせいか、以前よりも先生との会話が本当に楽しい。

 そして、それがただ単に楽しさだけでなく、自分にとってかなりの癒しになっていたことに気がついたのは、職場での人事評価に落ち込んでいたときだった。

 もともと、独立する気でいた私はある意味で体調の悪さもあったが、年々仕事に打ち込めなくなっていた。

 それは、私の野望を知っている先生であれば、何を今更という話であり、私が落ち込んでいること自体がナンセンスだと思ったようだ。

 

「もう答えては出ているでしょう」

 私が、職場の愚痴を言っていると、先生が言った。

 

f:id:hagananae:20180421185635j:plain

(まあな、、、)

 

f:id:hagananae:20180421185705j:plain

(そうかよ、、、)

 

 

 

 その言葉に私ははっとした。 

 いや、はっとしたというか、納得した。

 同じ職場に努めて10年だ。

 責任も出てきたし、もちろん経済的な問題もあるけれど、心の底で私の結論は出ていた。

 この職場に私の未来はないのだ。

 それが、評価になって出ただけで、職場は私を評価しないが、私もいまいる職場を評価していないのだった。

 そして、それはずっと前から変わらないことだった。

 先生はそれを知っていた。

 

 私は、目の前のショックな出来事に圧倒され、自分の本当の気持ちと方向性を見失っていたのだった。

 たぶん、体調の悪さもあったのだろう。

 体調面と精神的なものは密接にリンクしている。

 今は、ヨガのおかげで「正常な判断」ができるようになっているが先生があのとき言ってくれた言葉は時間を経て私が自分を見失わない選択をする助けになった。

 

 

f:id:hagananae:20180421185900j:plain

(そう言っていただけると助かります。。。)

 

 本心を隠して長い間、仕事を続けることはやはり無理が出てくる。

 いつのまにか自分にさえ嘘をつき、いいわけをするようになってしまった私を先生は一言で立ち返らせてくれた。

 今はとても体調がいいけれど、それでも体の奥底に残る消えないコリがある。それは、ヨガでもどうにもならず、一時は悩んだ。

 けれど、それがあるから、私は先生に会いに行けるのかなと思う。

 

 私は果敢に決断をしているようで、やはり今も迷っている。

 その迷いを引きつけつつ、先生に甘えていられる今は幸せな時間だと思う。